冷静な水道修理

冷静な水道修理 水回りのトラブルが起きてしまっている場合には、迅速な対応が必要になります。水漏れをそのままにしておくと、家屋にダメージを与えてしまうことになって、大きなトラブルとなってしまうことも考えられるからです。トラブルは実際のところいつ発生するか予想がつかない部分もありますので、迅速な対応をとれるようにするためにも、日常的にどのように対処するか決めておくことが必要です。応急対応が必要な場合も出てくるため、専用の工具を購入して常備しておくのもおすすめです。工具を用意しておけば、ある程度の応急処置が自分で行えるため、気持ちにゆとりを持つことができます。ある程度処置ができたら、早急に業者へ連絡をするようにしましょう。

■24時間対応の業者を探してみる

水漏れトラブルのパターンとして一番多く考えられるのが、蛇口のトラブルです。水か染み出しているのを見ると少なからず動揺することも多いでしょう。確かに染み出してきた水をそのままにしておくと住宅に損害を与えてしまう可能性が出てきます。住宅への被害を減らすことを考えるのでしたら、すぐにトラブルを解決することが必要です。
染み出してきた水については、水道の元栓を閉めてしまえば一時的に止めることができます。普段から水のトラブルを想定して、元栓の締め方を確認しておくとスムーズに水の染み出しを解消することができるようになります。染み出しを止めた状態で、落ち着いた気持ちで業者に連絡をするようにしましょう。
水道の元栓を閉めてしまうと水が使えなくなってしまうため、不便さを解消することを考えて、応急処置用のテープを用意しておくこともおすすめです。テープを使えば、水漏れを一時的に止めることが可能になります。しかしながらあくまでも応急処置ですので、必ず原因を根本的に解決することが求められます。

■自分で改善できるかどうかの確認
水道の蛇口などからの水漏れの場合には、単にネジがゆるんでしまっている場合も考えられます。専用の工具が常備されていれば簡単に修理をすることもできます。正しい方法で修繕をしないと、逆に水道を破損してしまう可能性も出てきますので、その点は注意が必要です。
また、パッキンの劣化の可能性も考えられます。これも必要な知識と道具があれば自力で修理をすることが可能です。自分で直すことができるかどうかの判断はなかなか難しい部分もありますので、専門の業者に実際に現場に来てもらって、確認してもらうようにすることが大切です。

■料金についての確認も必要

蛇口 交換の場合には、自分で処置を行うことは難しくなります。このようなケースでは業者にいきなり修理を依頼するのではなく、見積もりを依頼して、工事内容を確認してから仕事を依頼するべきです。可能であれば複数の業者へ見積もりを行ってもらい、内容や価格を比較すれば、妥当な金額で修理を進めていくことができるようになります。工事の進め方について不明な点がある場合には、必ず業者に確認をして、納得してから依頼することもポイントです。
ちなみに深夜に水漏れのトラブルがあった場合は、一般の業者では対処してもらえない可能性もあります。このような場合には24時間対応の業者にコンタクトを取ってみるようにします。業者はインターネットで検索をして探し出すことが可能です。料金や水のトラブルの内容について電話などで相談することもできますので、非常に便利です。

■まとめ
水漏れのトラブルに遭遇すると誰もが焦ってしまいますが、基本的には水道の元栓を閉めてしまえば、確実に水の湧き出しはなくなります。まずは応急処置を行って、焦りを解消してから水道修理業者に依頼をすることがおすすめです。自分で修理できる場合には経費を節約することも可能になりますが、業者に修理を依頼する場合には、相見積もりを入手して、修理費用の相場を把握した上で、自分にとって一番魅力的な業者に水道の修理を依頼することが肝要です。水道のトラブルはいつ何時起こるか予測がつかないものなので、いざという時に備えて、修理用の工具を常備しておくようにしましょう。また、水道に関する基本的な知識は身に付けておくべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース